コンビニで独立開業したい人を応援するサイト

コンビニ独立するなら絶対おさえておきたいフランチャイズ情報

コンビニで独立するなら必見!

コンビニで独立するなら必見!コンビニで独立開業を目指す人のために、知っておきたい有益な情報を集めてみました。

コンビニオーナーの体験談や主要チェーンのFC(フランチャイズ)情報、必要な開業資金など…このサイトの情報が、コンビニで独立を目指す人のお役に立てればうれしい限りです。

まずは、当サイトで紹介している8社のコンビニを徹底比較して、5社をピックアップしました。加盟金や本部ロイヤリティー、集客できる方法があるかなどを調査した結果をランキングで発表します。

独立におすすめのコンビニBEST5

こちらで紹介しているコンビニ各社は、どこも様々な特徴を持っています。気になるところがありましたら、まずは問い合わせをしてみてくださいね。

第1位 ミニストップ

コンビニで独立ならミニストップがオススメ総合評価95点

廃棄ロスが無い、店内加工ファストフード(粗利約50%)を併せた「コンボストア」を展開しています。イオンのPB「トップバリュ」の取り扱いで、お客さんからの安心感もバツグン。加盟社負担の低さは業界No.1。

総合評価95点:ミニストップのFC情報≫

加盟金 ★★★★★ 255万円
プランに限らず加盟金は一律料金
本部へ払う
ロイヤリティー
★★★★★ 30%(Sタイプ/SLタイプ)
年収の最低保証金額 ★★★★ 2,100万円
集客方法
サポート体制
★★★★★ ・粗利約50%のファーストフードを扱い、他店との差別化を図れる(ソフトクリームやパフェなどは廃棄ロスが無い)
・イオングループの一員であり、PB「トップバリュ」をはじめとする商品戦略、物流網などを活用できる
・店舗ごとにストアアドバイザーが付いて、地域ごとの客層や季節の売れ筋商品などのアドバイスが受けられる
・イートインコーナーがあり、お客さんからの意見や会話を経営に活かすことができる
・契約期間が7年なので、柔軟な対応ができる

第2位 ローソン

コンビニで独立するなら●がオススメな理由総合評価85点

加盟金やロイヤリティー、サポート体制など全般に渡り高得点。全国的な知名度の高さも魅力です。インターネットを積極的に活用しているコンビニです。

総合評価点85:ローソンのFC情報≫

加盟金 ★★★★ 307万5千円
上記に加えて開店準備金約50万円が必要
本部へのロイヤリティー ★★★★ 34%(FC-B4タイプ)
年収の最低保証金額 ★★★★★ ・FC-Cn…1,860万円
・FC-B4…2,200万円
集客方法
サポート体制
★★★★★ ・本部チャージ(ロイヤリティー)34%は業界内でも有利な条件
・「複数店化推進制度」で加盟金の一部免除、店舗先住者条件の緩和あり
・処分額の一部負担、光熱費の一部負担あり(「FC-Cn」タイプ)

第3位 セブンイレブン

コンビニで独立するならセブンイレブンがオススメな理由総合評価80点

国内店舗数が15,000を超えるブランド力の高さが特長。取り扱えるPB商品も豊富で、大手ならではの独立への手厚いサポートも。

総合評価80点:セブンイレブンのFC情報≫

加盟金 ★★★★ ・225万円(Cタイプ)
・307万5千円(Aタイプ)
本部へのロイヤリティー ★★★ 43%(Aタイプ)
年収の最低保証金額 ★★★★ ・Cタイプ…1,700万円
・Aタイプ…1,900万円
集客方法
サポート体制
★★★★ ・店舗数15,000以上を誇る業界ナンバーワンコンビニ
・ネームバリュー、ブランド力の高さ
・水道光熱費の80%負担、不良品原価の15%負担などのサポートあり

第4位 ファミリーマート

コンビニで独立するならファミリーマートがオススメな理由総合評価75点

単身者でもコンビニで独立できる制度が魅力。人気の高いファストフード販売も。店内でチケット販売などの様々なサービスを行っている。

総合評価75点:ファミリーマートのFC情報≫

加盟金 ★★★★ 307万5千円
一律の加盟料金だが内装費用をオーナーが負担することも
本部へのロイヤリティー ★★★★ ・35%(1FC-Aタイプ)
・38%(1FC-Bタイプ)
・48%(1FC-Cタイプ)
年収の最低保証金額 ★★★ ・24時間営業…2,000万円
・16~24時間未満営業…1,600万円
集客方法
サポート体制
★★★ ・ファミマの愛称で親しまれ、ファストフードの人気が高い
・単身者でもオーナーになれる「嘱託店長加盟支援制度」がある
・「夫婦加盟促進制度」で初期投資がおさえられる

第5位 サークルKサンクス

コンビニで独立するならサークルKサンクスがオススメな理由総合評価70点

最低保証金額の高さが特徴です。オーナー向けのセミナーが開催されるなど、独立を支援する姿勢を感じます。準備資金の高さが問題なければオススメ。

総合評価70点:サークルKサンクスのFC情報≫

加盟金 ★★★ 254万円
準備資金合計724万円
本部へのロイヤリティー ★★★★ 売上総利益によって可変
年収の最低保証金額 ★★★★ ・SA3タイプ…2,300~2,700万円
・SC3タイプ…2,000~2,200万円
集客方法
サポート体制
★★★ ・学びながら給料支給の「ベンチャー社員制度(契約社員)」
・年齢の上限が65歳
・春にはセミナー(商品展示会)、秋にはフォーラムを開催

コンビニで独立ならミニストップが断然オススメ

今回のランキングで、1位に挙げたのはミニストップです。その理由を紹介しましょう。

知名度バツグン!なのにFC加盟料金が最安

コンビニで独立ならミニストップがオススメな理由ミニストップは、どの町にもある代表的なコンビニチェーン。イオングループの一員であることから、全国的な認知度があると言えるでしょう。

そのバツグンの知名度を誇りながらも、加盟社が支払うFC出資金は一律255万円コンビニ業界でも最安値のグループに入ります。

コンビニオーナーの声

「ミニストップを選んだのは、やはり「イオングループ」の一員であるということが大きかったですね。独立するにも信頼感が違います。商品も豊富で、何といってもコンボストアには、自分もよく利用していましたので魅力を感じました(コンビニ経営歴6年・48歳)」

起業するときに都合の良い契約条件を選択可能

ミニストップでは、4つのフランチャイズ契約を用意しています。

  • Sタイプ…オーナーが土地・建物を用意する。
  • SLタイプ…ミニストップが土地・建物を用意する。
  • CLタイプ…ミニストップが用意した空店舗の内外装を自分で行い開業する。
  • MLタイプ…ミニストップが用意した店舗を借りて夫婦で開業する。

自分の都合に合わせて、コンビニ独立のための契約形態を選べるのは大きなメリットだと思います(他社でも同様のプランがありますが、ここまで細分化されていないことがほとんど)。なお、ミニストップでは1人(単身者)でも開業できるサポート体制を整えているそうです。

ミニストップのフランチャイズで、もうひとつ特徴的なのが契約期間。一般的なコンビニでは、契約期間は10年位であることが多いと思います。この期間中に契約を解除(破棄)した場合、多額の違約金の支払いが発生する可能性があるのです。

ミニストップの契約期間は7年。病気などで、やむを得ず経営を辞めるといったリスクがあることを考えると、この契約期間にも十分な配慮が必要でしょう。

コンビニオーナーの声

「コンビニ経営を考え、あちらこちら資料を請求したり、説明会にも出たのですが、大手のFC契約期間は10~15年と長い。病気になりたいとは思いませんが、何が起こるかわかりませんから、できれば数年程度の契約期間をと考えていました。そんな時、ミニストップと出会ったのですが、業界上位の会社なのに更新は7年ごと。これなら柔軟に契約後の諸事情にも対応できると思い、加盟させていただきました(コンビニ経営歴4年・50歳)」

「ミニストップだから行こう」という集客ノウハウがある

アンケート結果で分かっていることですが、消費者がコンビニに行く動機には一定のパターンがあります。そのひとつが「ついでに買える物の魅力が高いか」です。

ミニストップはコンボストアの概念で差別化が図れるミニストップは「コンボストア」という概念のもと、一般的なコンビニに店内加工(調理)のファストフードで他社との差別化を図っています。

『ミニストップと言えば、イートインでソフトクリームを食べたい』そんなことを考えた人も多いと思います。ソフトクリームやハロハロ、マンゴーパフェなどは、注文されてからつくるため基本的に廃棄ロスはゼロ粗利も約50%とコンビニとしては高い商品力があります。

一方、イートインは地域の人が集まる憩いの場所。近所の人とのちょっとした会話のなかから、お店への意見や要望などを取り入れてダイレクトに経営に活かせます。

さらにイオンのPB「トップバリュ」シリーズを取り扱えるので、その商品力や流通網をコンビニ経営に利用できます。

コンビニオーナーの声

「担当店舗が自分の地元ではなかったので、イートインでファストフードを召し上がるお客様の声は、地域のことを知る大切な情報源になりました。どこどこでお祭りが、町内会の集まりがあるという話しを伺い、お弁当やお惣菜をアピールすることができましたし、何より地元の方とのコミュニケーションが深まったのはうれしかったですねた(コンビニ経営歴3年・45歳)」

コンビニで独立をして成功するための一番の近道が、今回1位に挙げたミニストップというわけです。FCオーナー募集サイトでは、相談会への参加や資料請求ができますので、まずはFCの加盟内容をチェックしてみてください。

ミニストップのFC加盟説明会の詳細

 
コンビニで独立開業したい人を応援するサイト